当サイトについて

 このホームページ http://www.commedf.com/ はコムデフルール株式会社が運営しております。 ホームページをご利用される前に下記の各内容をご一読いただき、ご了解いただいた上でご利用いただきますよう、お願いいたします。 なお、ホームページの内容につきましては、予告なく変更または中止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。


Webブラウザについて

 当ホームページは下記ブラウザでご覧になることを推奨いたします。

1. Internet Explorer
2. Mozilla Firefox
3. Google Chrome

※Internet Explorerは米国Microsoft Corporationの米国その他の国における登録商標です。
※Firefoxは米国Mozilla Foundaionの商標または登録商標です。
※Google Chromeは、Google Inc.の登録商標です。


プラグインについて

 当ホームページでは、PDFを使用したコンテンツがあります。下記にて無償ダウンロードができますので、必要に応じてご入手ください。

Adobe Readerのダウンロード



著作権について

 当サイトに掲載されている全てのコンテンツ(情報、データ、写真、画像、メッセージ等)は、コムデフルール株式会社が所有、もしくは正当な許諾又は許可を受けて使用しているものであり、著作権法により保護されています。 当サイトに掲載されている全てのコンテンツを無断で複製、公衆送信、修正・変更、配布などの行為や、第三者のウェブサイトに無断で掲示・転載する行為は、著作権並びに財産権を害するものであり禁止するものとします。


当サイトご利用にあたっての禁止事項

 サイトのご利用に際し、ユーザーは次の行為をしてはならないものとします。

1. 他の個人や組織になりすまし、コムデフルールとの関連性を偽ったり、誤解を誘引するような各種情報伝達行為を行うこと。
2. サイト上のコンテンツを、コムデフルールの承認を得ることなく、追加、削除等の操作を行うこと。
3. ユーザーがコムデフルールの書面による承諾を得ることなく、公序良俗に反する不当な目的で内部情報、雇用関係、
  取引関係、または機密保持契約(NDA)の下に開示され、もしくは知り得た情報の一切を、サイトに掲示、送信すること。
4. コンピューター・ウィルス等、コンピュータのソフトウェア並びにハードウェア、各種通信機器などの機能を改変、破壊、停止、
  または制限する目的で設計されたプログラム、スクリプトを含んだ素材をサイトに掲示、又はその他の形で送信すること。
5. サイトの利用者を含む第三者もしくはコムデフルールの社員、会社の財産もしくはプライバシー等を侵害する、
  または侵害する可能性のある行為、コムデフルールの名誉もしくは信用を毀損する一切の禁止。
6. 公序良俗に反する行為、もしくは犯罪行為や犯罪を誘発すると見なされる行為一切。
7. 他人の電子メール等を登録する等、虚偽の申告、届け出を行う行為。また、他の利用者に関する個人データを収集
  または保存する行為。
8. 営業活動もしくは営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。

その他、日本国内の各種法規、法令もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為。
その他、コムデフルールが不適切と判断する行為。
上記の行為をコムデフルールが知り得た場合、当該関係者への予告無しに、これらの行為を停止させるための各種措置を取る権利を有するものとします。


リンクについて

 当ホームページから、もしくは当ホームページにリンクを設定している当社以外の第三者のホームページについては、それぞれのホームページに記載されているご利用条件に基づいてご利用ください。 リンク先にて発生した事故、トラブル等について、当社は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

【リンク設定について】
当社ホームページにリンクを設定する場合は、ご連絡ください。
リンク先として設定するURLはトップページのリンクのみとさせていただきます。
当社が保有する登録商標、デザイン等を無断で使用するリンクはお断りいたします。
営利目的のサイト、公序良俗に反するサイトのリンクはお断りいたします。


免責について

 当社は当ホームページに関し、いかなる保証も行っておりません。ホームページ上のコンテンツに誤りがあった場合、または当ホームページのご利用に際して生じた、ご利用者様と第三者とのトラブルにつきましては、一切責任を負いません。 当ホームページのご利用に起因する事故やその他の損害につきましても一切の責任を負いません。 ただし、ホームページの内容が、当社により直接提供したものであり、かつ当社の故意または重大な過失による当該不利益または損害の場合は、この限りではありません。